ONI Wiki

EVE Online Wiki by ONI Industry

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

EVE Online ONI Wiki

サーバー移転しました。ONI Wikiは更新停止しJapan Wikiに移行しました。

EVE Onlineとは

新規プレイヤー向け

初心者向け

艦船システム

Drone

Module

建造物

EVEでできること

システム・小技等

用語集

各種リンク集

編集者用

このWikiについて

trade:swindle

詐欺まとめ

EVE Onlineの自由度の高さの象徴として、「詐欺が禁止されていない」ことがよく挙げられます。
最大商都であるJitaのローカルチャットのほぼ全ては詐欺である、とよく言われますし、実際そうです。
それだけ詐欺を仕掛ける人が多いということは、それだけ詐欺に引っかかる人が多いということ、そして詐欺が儲かるということです。

ここではEVEにおける詐欺の手口の例をいくつか挙げていきます。
手口の傾向を把握していれば、詐欺に引っかかることもないでしょう。
逆に詐欺を仕掛けるのも楽しいかもしれません。

詐欺の分類

EVEにおける詐欺は基本的に「適正でない価格で品物を取引する」事によって利益を得ようというものです。 その手口は、大きく分けて以下の3つがあります。

  • 価格を誤認させる
  • 品物を誤認させる
  • 成立不能な取引を提示する

また、これらの要素を複数組み合わせて詐欺を仕掛けることもあります。


価格を誤認させる

EVEの詐欺の中では一番ポピュラーな手口です。

格安商品に見せかける

釣り餌Svipul


Svipulが1隻1M。 安いけどもう取引完了してる・・・」

本命Svipul


「お、今度はまだ取引完了じゃない!買おう!」
と思ったら実は1隻1Bでした、という手口。
これにカウントダウンを組み合わせたり、ギリギリまで釣り餌の方を取引未完了にしておく2)ことなどによって見ている人を焦らせ、正常な判断をしにくくする工夫がされていることが多いです。

単価誤認

「Tritanium3) 100000000Unitを300000000ISKで(1Unit当たり3ISKで)売るよ!」という売り文句の契約が、実際は1Unit当たり30ISKとなる価格設定になっているという手口。
契約では1Unit当たりの単価が表示されないため、瞬時に詐欺と見抜くのは難しいです。ただ、多量のUnit数で取引されるアイテムが生産資源くらいしかなく、そういうアイテムに興味を示すプレイヤー層は限られるため、あまり一般的な手口にはなっていません。


品物を誤認させる

これもまたよく使われます。

バージョン違い・個数違い

Raven Navy Issueを300Mで売るよ!」という売り文句の契約で、ノーマルのRavenを300Mで売りつける、といったような手口。
海軍仕様の他に、現品ではなくBPCを売る手口などもあります。
あるいは、「20個売るよ」という文言の契約が、実際には売るのは1個だけ、と言ったパターンも多いです。
上記の格安商品に見せかけるの派生系とも言えます。値段だけに注目しているとこっちに引っかかります。
焦らせる手段も同じものが使えます。

アイテムを引き渡さない契約

ISKだけ持っていかれる


格安でPLEXが購入できる契約。ただし「買い手がISKに加えてアイテムを渡す」という条件がセットになっています。
十分なISKを持っている時にこれを受諾すると、一度引き渡されたPLEXを再度あちらに引き渡すことになります。
つまりISKだけ取られます。ちなみに契約を受諾する前にPLEXを持っていなくても、ISKだけ持っていれば成立してしまいます4)

お楽しみBOX

空箱


Plastic Wrapとはクーリエコンテナのこと。「これら5つのコンテナの中に1つだけPLEXが入ってますよ」という謳い文句である。
当然PLEXなど入っているわけがありません。そもそも、クーリエコンテナの中に物が入っていれば下のように表示されます。

中身あり

成立不能な取引を提示する

これが一番よく引っかかると言われています。

基本的にこの手口は、本来の相場より高値でアイテムを購入させるものです。
それを更に高値で転売できると思わせることで5)、契約でアイテムを購入させます。そしてその後の転売をさせないことでISKを手に入れ、相手の手元には割高で購入したアイテムが残る、というのがこの手口の流れです。

そしてその転売をさせないための手法が、以下の「成立不能な取引」を作成するというものです。

最低取引量詐欺

割高でアイテムを売り出し、同時にその価格よりも高い価格の買い注文も出します。
ただし、買い注文を出す際にその「最低取引量」を、流通しているアイテム数よりも多く設定することで「買うことはできるが売ることはできない」状態にします。
最低取引数を超えられないために、流通数の少ないニッチなアイテムで行われる傾向があります。

信用取引詐欺

上の最低取引量詐欺の発展形。トレードスキル「信用取引(Margin Trading)」を利用します。
バグに片足突っ込んでいるような手口ですが、一応6)公式からは仕様と認められている手口です。
また、手口を知らないと引っかかる詐欺の筆頭でもあります。

そもそも、EVEのマーケットにおいて買い注文を発行した時、その買い取り総額と同額のISKをNPCに預けることになります。そして実際にアイテムを買い取った時に、その預けたISKから支払いがされます。これにより、通常自分が所持しているISK総額以上の買い注文を発行することはできません。
スキル「信用取引」を習得していると、買い注文発行時にNPCに預けるISKの金額を軽減することができます。軽減した分のISKは、買取時に直接買い手に支払うことになります。
もし買取時にこの後払い分のISKを持っていなかった場合、買い取りは成立せず買い注文も消失します

つまりどういうことかというと、「アイテムを最低取引量以上に持っていても、買い注文への売却ができない場合がある」ということです。

以下、具体例。

契約内容


このような契約がローカルに流れていました。

注文の様子


このアイテムを1000個売れば約1.3B。800Mで買っても利益が出そうです。ですが、これは高確率で信用取引詐欺が仕掛けられています。

信用取引詐欺の判断に使えるポイントは2つ。
一つは、上記の買い取り注文に最低取引量が設定されています。これは、市場からではなく契約からアイテムを買わなければ、この買い注文に対して売却できないようにしているのだと考えられます。

過去の取引履歴


もう一つが、過去の取引履歴です。
現状の売却価格が、過去の取引額水準に比べ異常に高くなっていることです。これは、低価格の売却注文を買い占めて価格相場を誤認させると同時に、商材として数を確保しているためだと考えられます。
この価格水準操作は、上記の最低取引量詐欺でも行われることが多いです。


その他

ISK Doubling

大抵こういう風にBioに説明を書いている

「ISKくれたら倍にして返すよ」という文言をひたすらローカルチャットに流しているもの。もちろん倍になるわけなどない。
例えばこの例なら、本命は3倍~5倍の高額な方ではなく、一番安い10mの方。間違っても「安い方で調子に乗らせて信用させて高額を振り込ませる」という手口ではない。

移動不能クーリエ

1,000,000m3超の、最高スキルフレイターでも格納できないようなクーリエコントラクト(輸送契約)を受注させるもの。必ず輸送失敗になるため、保証金が発注者の儲けになる。そして中身はたいてい無価値なガラクタであるため、輸送失敗で戻ってこなくても発注者は痛くも痒くもない。
現在の仕様ではクーリエの容積に応じて受注前に警告が出るので、手口としてはほとんど廃れてしまっている。

2) もちろんAltキャラで瞬時に取引完了に変えている
3) 相場は概ね1Unit当たり5~6ISK
4) 引き渡されたPLEXがそのまま支払いに回されるため
5) そのための購入注文も売り手が出している
6) 今後の仕様変更で使えなくなる可能性はある
trade/swindle.txt · 最終更新: 2016/09/26 13:14 by bartlett